脚質変更|マヤノトップガン天皇賞(春)

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

マヤノトップガン-全成績・血統

マヤノトップガン-全成績

マヤノトップガン全成績

マヤノトップガン-血統

マヤノトップガン血統

1997年 天皇賞(春) このレースを迎える前

96年(前年)秋は、3冠馬ナリタブライアンが引退し、
そのナリタブライアンを天皇賞(春)で差しきった

サクラローレルが主役を張った。
天皇賞(秋)では、バブルガムフェローに敗北(3着)するも

有馬記念では境勝太郎調教師の勇退に華を添える勝利。
97年は天皇賞(春)が初出走という休み明けが不安視された。

サクラローレルの過去2戦ともに敗北したマーベラスサンデー
天皇賞(秋)4着・有馬記念2着。
97年は大阪杯で勝利して天皇賞(春)を迎える。

サクラローレルは横山典弘。マーベラスサンデーは武豊と
東西を代表するトップ騎手。

マヤノトップガンっていつも評価が低かった。

某有名競馬解説者があまり評価しなかったのが影響だと思う。

それぐらい影響力のある方だった。
いろいろと問題を起こした田原成貴の凄さを思い知った。

まず、阪神大賞典。
今まで比較的前でレースをしていたマヤノトップガンを
後方から差しきるという脚質変更。(これにはとにかく驚いた)
馬との折り合いが重要ということで馬の行く気に任せたという談話が印象的だった。

そして天皇賞。

横山典弘サクラローレルと武豊マーベラスサンデーの叩きあいを見ながら大外から差し切り。
レースを見ていない人は是非見てほしいレース。

1997年 天皇賞(春) レース結果

レース結果
1着 マヤノトップガン 3・14・4  2番人気
2着 サクラローレル 3・14・6  1・1/4 1番人気
3着 マーベラスサンデー 3・14・7 1/2 3番人気

単 370円 複 130円 120円 130円
枠 420円 馬 440円

感想

このレース某スポーツ紙で予想を公開した
境勝太郎元調教師(元サクラローレルの管理調教師)がサクラローレルを本命ではなく、
マヤノトップガンが本命だったのが印象的だった。

田原成貴は調教師としては駄目だったけど(失礼)
騎手としては名騎手だったのは間違いない。

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン