イメージ画像

チョウカイキャロル(オークスを勝利した名馬)

  • 2015年5月14日
    最新更新、チョウカイキャロル(オークスを勝利した名馬)

チョウカイキャロル-全成績・血統

チョウカイキャロル-全成績

チョウカイキャロル全成績

チョウカイキャロル-血統

チョウカイキャロル血統

チョウカイキャロル


1994年って牡馬はあのナリタブライアンが3冠を制した年。

チョウカイキャロルがオークスを勝利した年。

私は大学生だった。
まあ時効ですから話しますけど普通の馬券を買っていた。

今やサンデーサイレンス主流でしたけど。
この年は完全にブライアンズタイムの年
(まだサンデーサイレンス産駒がデビューしてなかった)


チョウカイキャロルとナリタブライアンは
父親も同じブライアンズタイムってことで結構話題になっていた。


事実、重賞を勝利していないのに優駿牝馬(オークス)では
桜花賞馬(オグリローマン)に次ぐ2番人気になっていたのは
注目されていたことがわかる。



チョウカイキャロルを特集したのは優駿牝馬(オークス)
を馬連的中させることができたから、ではなく
小島貞博元騎手、現調教師→自殺してしまったけどについて語りたかったから。
(東京競馬場で実際にライブで観戦しました)


小島貞博騎手は、故戸山調教師も弟子として
ミホノブルボンで2冠(皐月賞、日本ダービー)を制覇するなど活躍した。

戸山調教師は馬主に何を言われても小島貞博騎手を
馬に乗せ続けていたというほど師弟関係が熱かった。


しかし、戸山調教師が死去してから
小島貞博騎手にとっておかれる状況が変わった。


今まで騎乗していたフジヤマケンザン・ドージマムテキ・レガシーワールドなどが
戸山調教師の元で調教助手として
活躍していた森調教師の管理へ移動した。

(ミホノブルボンは松元茂樹調教師の下へ)


森調教師は、今まで小島貞博騎手が乗っていた
フジヤマケンザン・ドージマムテキ・レガシーワールドを乗せなかった。


森調教師にしてみれば自分が助手時代、
乗せたい騎手に騎乗させられないという辛さもあったのではと思う。
ただ、戸山調教師の時代の馬には騎乗させてあげるべきだったのではと思う。
(戸山調教師の奥さんも同じような発言をしていた)


騎乗機会が少なくなっていった
小島貞博騎手に手を差し伸べたのが兄弟子でもある鶴留調教師。
鶴留調教師の馬が、チョウカイキャロルだった。


優駿牝馬(オークス)では直線早めに先頭たって押し切った。
1995年は鶴留調教師の馬
タヤスツヨシが小島貞博騎乗の元で東京優駿(日本ダービー)を制覇する。

1994年 優駿牝馬-結果


【オークス1994年】
1着 チョウカイキャロル 2・27・5  2番人気
2着 ゴールデンジャック 2・27・6  6番人気
3着 アグネスパレード 2・27・6  4番人気

1番人気 オグリローマン 12着

単 470円 
複 190円 410円 250円 
枠 2050円 馬 3340円


チョウカイキャロル名勝負-感想

最近ではあまり見られなくなった師弟関係。
やはり騎手を育てるのは調教師だと思うのは私だけでしょうか?

ちなみに優駿牝馬(オークス)は四位騎手のゴールデンジャックが本命だった。
(ある予想家の予想を信じていたから)オグリローマンは完全に軽視。

小島貞博元調教師は残念な自殺だった。


「無料予想がお勧めサイト」

おすすめのサービス 評価(5段階) 詳細
ファースト ★★★★★ 無料予想がゲキアツですね、とにかく一度無料会員になることをお勧めします、
詳しい評価はファースト評価
うまコラボ ★★★★★ 無料コンテンツがお勧めですね
指数で馬券を買う人向けサイトです。うまコラボ
情熱競馬 ★★★★★ 無料会員のコンテンツがかなりお勧めです、読み物など見逃し必至です。情熱競馬
ターフビジョン ★★★★★ 無料3連単予想など、コンテンツが豊富です、無料会員になることをお勧めします。ターフビジョン評価
 勝ち競馬データベース  ★★★★★ 新規サイトだけに、最初は当たりやすい。無料情報で予想をGETしよう・・・勝ち競馬データベースへ
サブコンテンツ

無料会員がお勧め!!
競馬情報会社


競馬ウマについて一言

完全リニューアルには少し時間が掛りそうですね。暖かく見守って頂けると幸いです。競馬ウマはこれから本格的に始動します、競馬ファンに愛されるサイトをもっとに邁進し続けます。競馬の神髄を極めたいと思います。

このページの先頭へ