イメージ画像

オークス(優駿牝馬)、2015年特別観戦記

  • 2015年6月17日
    最新更新、オークス(優駿牝馬)観戦記(実際の現地-競馬場へ行って写真を撮った)

2015年-オークス(優駿牝馬)-パドック写真

1着 ミッキークイーン-浜中俊

ミッキークイーン

2着 ルージュバック-戸崎圭太

ルージュバック

3着 クリミナル-池添謙一

クリミナル

実際に東京競馬場でパドック写真を撮ってきました

2015年-オークス(優駿牝馬)動画



オークス2015年回顧


 やはり、終わってみたらディープ産駒だった。5月24日の第76回オークス(3歳牝馬GI、東京芝2400m)を制したのは、桜花賞を賞金不足で除外された、3番人気のミッキークイーン(父ディープインパクト、栗東・池江泰寿厩舎)だった。

 天皇賞・春のゴールドシップほど手こずらなかったが、同じ須貝尚介厩舎のクルミナルがゲート入りを嫌がり、発走が遅れた。

 それでも全馬ほぼ横並びのスタートを切り、まず、内からシングウィズジョイがハナに立った。桜花賞を逃げ切った、1枠1番のレッツゴードンキは無理に行こうとはしない。「行く気でいたが、桜花賞ほどのスタートを切れなかった。馬の後ろに入れたが、力んでしまいました」と手綱をとった岩田康誠。

 その2頭を外からノットフォーマルが一気にかわして先頭に立ち、1コーナーへと入って行く。ローデッドが2番手、シングウィズジョイが内の3番手、外にディアマイダーリンがつけている。レッツゴードンキはその直後の内にいて、ココロノアイ、コンテッサトゥーレがつづく。

1番人気のルージュバック、今回は好位の外目につける。

 1番人気のルージュバックも今回は積極的な競馬をし、好位の外目につけた。騎乗した戸崎圭太は、「きょうは先行しようと思っていた。前に壁をつくれなかったが、折り合いはついていました」と振り返る。

 浜中俊のミッキークイーンと、池添謙一のクルミナルは、ルージュバックをマークするように3馬身ほど後ろを進んでいる。

 向正面に入っても馬順はほぼそのままで、内で折り合いを欠いて行きたがっているレッツゴードンキの外にルージュバックがいる。

 1000m通過は1分1秒3。平均よりはゆったりとした流れだが、そのわりに馬群は縦長になり、先頭から最後方まで15馬身以上ある。

府中の直線で見せた、すさまじい末脚

 3、4コーナーに入っても、案外馬群は凝縮されず、各馬の鞍上のアクションが大きくなる。

 直線、まだノットフォーマルが先頭で粘っている。

 ラスト400m手前でルージュバックがスパートし、ラスト200m地点で前をかわして先頭に躍り出た。そのまま抜け出しをはかるが、外のクルミナルがしぶとく食い下がり、さらに外からミッキークイーンが凄まじい脚で追い込んでくる。

 「馬場がいいので、前残りに警戒しながら、ルージュバックとクルミナルについて行きました。直線では、ぼくの馬のほうが切れるという自信がありました」と言う浜中の叱咤に応えたミッキークイーンが、猛然と末脚を伸ばす。

 そして、ルージュとクルミナルに並びかけた、と思ったら、もうかわしていた。

 2分25秒0の勝ちタイムで、ミッキークイーンが76代目の樫の女王となった。上がり3ハロン(600m)はメンバー最速の34秒0だった。

 戸崎が「最後は目標にされたぶん苦しかった」と言うルージュバックは4分の3馬身差の2着、さらに半馬身差の3着がクルミナル。そこから2馬身遅れた4着はアースライズだったのだが、なんと、1着から4着までがノーザンファームの生産馬だった。しかも、今回出走していた同牧場の生産馬はこの4頭だけだったのだから、恐ろしいほどの独占ぶりだ。「ノーザンファーム馬券」を好んで買う人なら、4140円の3連複を4頭のボックス買い(4点)で、2万150円の3連単も24点で機械的に獲れたわけだ。


「無料予想がお勧めサイト」

おすすめのサービス 評価(5段階) 詳細
ファースト ★★★★★ 無料予想がゲキアツですね、とにかく一度無料会員になることをお勧めします、
詳しい評価はファースト評価
うまコラボ ★★★★★ 無料コンテンツがお勧めですね
指数で馬券を買う人向けサイトです。うまコラボ
情熱競馬 ★★★★★ 無料会員のコンテンツがかなりお勧めです、読み物など見逃し必至です。情熱競馬
ターフビジョン ★★★★★ 無料3連単予想など、コンテンツが豊富です、無料会員になることをお勧めします。ターフビジョン評価
 勝ち競馬データベース  ★★★★★ 新規サイトだけに、最初は当たりやすい。無料情報で予想をGETしよう・・・勝ち競馬データベースへ
サブコンテンツ

無料会員がお勧め!!
競馬情報会社


競馬ウマについて一言

完全リニューアルには少し時間が掛りそうですね。暖かく見守って頂けると幸いです。競馬ウマはこれから本格的に始動します、競馬ファンに愛されるサイトをもっとに邁進し続けます。競馬の神髄を極めたいと思います。

このページの先頭へ