競馬名馬・名勝負

ビワハヤヒデ-全成績・血統

ビワハヤヒデ 血統

ビワハヤヒデ血統

「ビワハヤヒデ兄弟姉妹」
ナリタブライアン(12勝)父ブライアンズタイム
ビワビーナス(3勝)父トニービン
ビワタケヒデ(3勝)父ブライアンズタイム

ビワハヤヒデ 成績

ビワハヤヒデ成績

「ビワハヤヒデ重賞勝利」
94年 オールカマー・宝塚記念・天皇賞春・京都記念
93年 菊花賞・神戸新聞杯

ビワハヤヒデとは

1992年にデビューした芦毛の怪物、ビワハヤヒデ。
とくかく勝ち方が優等生だった。
好位置で折り合って、直線半ばで先頭に立って押し切る。

1993年菊花賞

岡部騎手、競馬のしっかり実践する感じの馬だった。
特に94年天皇賞(春)でもある程度好位置につけて

直線、ナリタタイシンの猛追を抑えての勝利。
3強と言われた世代(ウイニングチケット、ナリタタイシン、ビワハヤヒデ)
の中で完全に一歩差をつけた。

その後、宝塚記念を勝利していよいよ弟(ナリタブライアン)との対決現実味を帯びてきた。

天皇賞(秋)を勝利して有馬記念でという流れだった。
(JC回避はいろいろと話題になった)

しかし、天皇賞(秋)は5着惨敗。
しかも故障発生で引退することになった。
できれば見てみたかった兄弟対決。

ビワハヤヒデvsナリタブライアン

ちなみに、天皇賞(春)ビワハヤヒデの相手に何故かアンダーキング
(最下位)を選んだ私。素人だったな。(反省)

ビワハヤヒデ感想

ビワハヤヒデが故障した-天皇賞秋

天皇賞(秋)第110回だった
1着が10番ネーハイシーザー
2着が1番セキテイリュウオーだった。

無料予想が注目サイト