有馬記念、名馬・ジェニュイン・風が嫌いな名馬

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

ジェニュイン-全成績・血統

ジェニュインの全成績と血統

ジェニュイン-全成績

ジェニュイン全成績

ジェニュイン重賞勝利
95年 皐月賞
96年 マイルCS

ジェニュイン-血統

ジェニュイン血統

ジェニュイン兄弟姉妹
クルーピアスター(6勝)父サンデーサイレンス
ホワットアリーズン(5勝)父サンデーサイレンス

ジェニュイン

松山先生が名前を取っておいたという本物という意味を持つ

『ジェニュイン』

サンデーサイレンス初年度産駒としては
まずまずの活躍を見せた。

3歳時、皐月賞TRの若葉Sを
ルイジアナボーイの降着により繰り上がり勝利
という運の良さもみせた。(現在だったら降着にならないはず)

本番の皐月賞では、岡部幸雄騎手の抜群の騎乗で
G1ウイナー入り
東京優駿(日本ダービー)2着後は、菊花賞を目指さず
天皇賞(秋)を目指す。

オグリキャップ以来の3歳馬天皇賞秋連対は、
バブルガムフェローやシンボリクリスエス(3歳時に天皇賞制覇)
に影響を与えたと思う。

敗因・風が嫌いって

それにしても印象があるのが
3歳時の有馬記念。
今思えば、何で馬券を買ったのかわからないけど
ジェニュイン・タイキブリザード・ヒシアマゾン
の3点をしこたま買った。(涙)

芝3000mの菊花賞を回避するような馬を
芝2500mの有馬記念で本命にするのはかなりミスだった。

結果は
タイキブリザード 2着
ヒシアマゾン 5着
ジュニュイン 10着

岡部騎手の談話が
『風に驚いて馬が走るのを止めた』
おいおいおいって
言いたいと思ったのは
絶対に私だけではないはず。(3番人気だった)

感想

それにしてもG1の敗因が「風」がっていうのはちょっと聞かない。
ジェニュイン以外でも聞くことが無い。
(今後あるかもしれないけど)

種牡馬としては
メイプルロード(小倉2歳ステークス)
ドンクール(兵庫チャンピオン・名古屋大賞典)
ブイロッキー(昇竜ステークス)

サンデーサイレンス産駒は種牡馬としていっぱいライバルがいるけど
是非がんばってほしい。

ジェニュイン
2015年死去