フサイチコンコルド|日本ダービー名勝負

競馬名馬・名勝負

競馬名勝負

競馬ウマオ競馬ウマオ

わすか3戦でのダービー制覇

フサイチコンコルド-全成績・血統

フサイチコンコルド-血統

フサイチコンコルド-全成績

1996年のクラシック世代はサンデーサイレンス4強と言われた。

まず頭角を現したのが藤沢厩舎初のクラシック制覇を目指す
バブルガムフェロー2歳時、朝日杯FSを圧勝して2歳チャンピオン

1995年朝日杯FS動画


まあ勝ち方は文句なしって言ったところかな。岡部騎手の余裕ぷりと武豊騎手の差が印象的。
サンデーサイレンス・シャドーロール・社台の勝負服に岡部幸雄・・・

ただ、これよりもある意味強烈だったのがラジオたんぱ杯2歳Sだった。

1995年ラジオたんは杯2歳S動画


ラジオたんぱ杯2歳を1着・2着・3着だったのが
ウイニングチケットの弟、ロイヤルタッチ。
アリダースルーの弟、イシノサンデー。
エアダブリン・ダンスパートナーの弟、ダンスインザダークだった。

年が明けて(1996年)きさらぎ賞で、
1・2着だったのがロイヤルタッチ・ダンスインザダーク
ロイヤルタッチの騎手がO・ペリエ。

1996年きさらぎ賞動画



イシノサンデーはジュニアCを調教みたいに走って圧勝(東京開催でダート変更)

弥生賞ではダンスインザダークがイシノサンデーを破って勝利。イシノサンデーは3着。
弥生賞、ミドリノマキバオーの作者がTV出演していて大勝負した結果見事的中。

1996年弥生賞動画

若葉Sで初騎乗だった蛯名正義騎手を背にロイヤルタッチがミナモトマリノスの2着
『次(皐月賞)は変わる』と語っている。

真打ちバブルガムフェローはスプリングSで春初戦を向かえ楽々圧勝するも後日骨折は判明。
春シーズンは絶望に。

1996年の天皇賞(秋)で見事勝利する。

1996年皐月賞予想

1996年皐月賞を目指した3強だったけど、1996年流行った熱発によりダンスインザダークは回避
優駿牝馬(オークス)馬エアグルーヴも桜花賞を熱発で回避している)

1996年皐月賞、私競馬ウマは、かなり自信があった。

弥生賞を見て明らかに太め残りだったイシノサンデーが馬体が減っていたら勝負しようと思っていた。

立川ウインズで馬体減を確認してイシノサンデーから馬連4点で大勝負した。
皐月賞、ロイヤルタッチの騎手が、蛯名正義騎手から南井 克巳騎手に騎乗変更。
(蛯名騎手が騎乗停止になったため)
南井騎手の前に、田原騎手に騎乗依頼をしたけど断られたと噂された。

1996年皐月賞動画


長い審議だったけど
1着 イシノサンデー
2着 ロイヤルタッチでレースは決まった。

1996年は『東京競馬場皆勤賞』という意味にない賞を受賞できるほど、東京開催時には東京競馬場に通っていた。

熱発で回避したダンスインザダークがプリンシパルSを圧勝。
プリンシパルSに出走予定だった有力馬が回避したため。(これが後で大きな意味を持つ)
その他、別路線組みから東京優駿(日本ダービー)で活躍しそうな馬はいないと思っていた。

ダンスインザダークが圧勝したプリンシパルSを熱発で回避したのがフサイチコンコルドだった。
英国ではキャリア1戦でダービーを勝利した、ラムタラという馬が話題になった。

フサイチコンコルドもキャリア2戦で東京優駿(日本ダービー)に出走してきた。
ノーザンダンサーの3×3という近親血統だったためか体質的に弱かった。

当日も熱があったらしいけど、東京優駿(日本ダービー)ということで出走させたと
後日小林元調教師が発言している。レース当日パドックにいた私競馬ウマはかなりの自信を持っていた。

イシノサンデーがしこたまよく見えた。パドックで馬を見るのに必要なのはイメージだと思っている競馬ウマ。
そのイメージが良かったのがイシノサンデーだった。

1996年 日本ダービー動画


東京優駿(日本ダービー)の勝っていなかった武豊騎手が本命馬らしいレース運びで直線を迎える。

その外から音速の末脚でやってきたのがフサイチコンコルドだった。
自信の本命馬イシノサンデーが馬群に沈むなかフサイチコンコルドがダンスインザダークを差し切って見事勝利。
武豊騎手とハイタッチした藤田伸二騎手、その後、ウイニングランをコースを1周回る。(初めて見た)

レース結果
1着 フサイチコンコルド
2着 ダンスインザダーク
3着 メイショウジェニエ

1996年 日本ダービー談話

フサイチコンコルド(藤田騎手)
馬場入りから落ち着いていた歩いていたからね。 スタートで少しあおったけどそれが
逆に内でスムーズなレースができた。 ダンスインザダークをマークして向こうが動いてからこっちも仕掛けた。

ダンスインザダーク(武騎手)
勝ちパターンに持ち込んで完璧に乗ったつもり。 悔しかったけど勝った馬が強い。

イシノサンデー(四位騎手)
前走と同じぐらいのデキだった。思った位置取りだったけど 追ってから伸びなかった。

フサイチコンコルドのその後

フサイチコンコルドは東京優駿(日本ダービー)後初戦に選んだ、カシオペアSは2着
菊花賞を3着として現役引退。

引退後は種牡馬として活躍。
ブルーコンコルド(JBCスプリント・マイル)バランスオブゲーム(G2、6勝)などを輩出。

フサイチコンコルド感想

イシノサンデーを本命にしたことを後悔しながら家へ帰ってビデオを見ると
故大川慶次郎氏がイシノサンデーが抜群に良く見えると言っていた。かなり救われた。

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン