ストーンステッパー|すごい根性

根岸S勝利時のストーンステッパー

ストーンステッパー

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

ストーンステッパー血統

ストーンステッパー血統 

ストーンステッパー全成績

ストーンステッパーが2着だったフェブラリーSがG1昇格初年度だった。
寒い中、ライブで観戦した。←これ以降フェブラリーSは家で観戦。
(以降毎年は現地観戦)

このレース凄いプロ根性があった。勝利したのが

岡部騎手のシンコウウインディでしたが注目は2着だったストーンステッパー。

直線で内にシンコウウインディ・外にストーンステッパー

ストーンステッパーが、先行していたシンコウウインディに寄せていった。
実は、凄い危ない行為だった。
噛み癖のあるシンコウウインディにワザと自分の馬を噛ませることによって
シンコウウインディに先着しようとした。
(噛みに行ったシンコウウインディは加速が落ちる)

しかし、岡部幸雄騎手の制御がうまかったのか
シンコウウインディは ストーンステッパーを噛むことなく先着。
それにしても熊沢騎手の根性には驚いた。
ここでクイズです。
今まで熊沢騎手が勝利平地G1レースは?

1997年フェブラリーS

熊沢騎手

3回(平地のみ)
1988年 優駿牝馬 コスモドリーム
(実況を間違えて話題になった)
1991年 有馬記念 ダイユウサク
(断然人気だったメジロマックイーンを差し切り)
2005年 阪神JF テイエムプリキュア
(久しぶりのG1制覇)
熊沢騎手。平地・障害G1を勝利している数少ない騎手。これからも活躍注目しています。

おすすめ無料予想

【無料予想サイト】競馬ジャパン紹介