競馬名馬・名勝負、最近ウマ娘でも話題ですね。

トウカイテイオー 血統

トウカイテイオー血統

トウカイテイオー 成績

トウカイテイオー成績

1993年 有馬記念を迎える前

1993年は、クラシック3強の時代
皐月賞 ナリタタイシン(N)
ダービー ウイニングチケット(W)
菊花賞 ビワハヤヒデ(B)

古馬では、メジロマックイーンがトップをはっていたけど、
秋初戦京都大賞典後、故障で引退。

天皇賞(秋)を叩き合いでヤマニンゼファーに敗北した、セキテイリュウオー。
ヤマニンゼファーは短距離路線へ。

ジャパンカップを勝利した、レガシーワールド。
(ゴール板間違えた騎手が居たけど)

トウカイテイオーは、有馬記念が1年振りの出走となっていた。

1992年天皇賞(秋)で惨敗後、
ジャパンカップでは見事に復活勝利。

1番人気で迎えた有馬記念では、また惨敗で故障してしまう。

故障が癒えてレースに出走できたのは、1年振りの1993年の有馬記念だった。

1993年有馬記念人気馬の分析

※ 1番人気 ビワハヤヒデ
騎手 岡部幸雄 調教師 浜田光正
(父 シャルード 母父 ノーザンダンサー)

3歳3強の1頭。(ビワハヤヒデ・ナリタタイシン・ウイニングチケット)

東京優駿(日本ダービー)2着後、神戸新聞杯圧勝。
菊花賞圧勝で、有馬記念に。岡部騎手が好位差しで
中山競馬場も向きそうだった。

※2番人気 レガシーワールド
騎手 河内洋 調教師 森秀行
(父 モガミ 母父 ジムフレンチ)

1992年の有馬記念2着のレガシーワールド。

1993年AJC杯2着・京都大賞典2着後
ジャパンカップ1着。

それで同レースを迎える。1992年の成績から適性充分。

※ 3番人気 ウイニングチケット
騎手 柴田政人 調教師 伊藤雄二
(父 トニービン 母父 マルゼンスキー)

1993年東京優駿(日本ダービー)馬。
東京優駿(日本ダービー)後は、
京都新聞杯(当時は菊花賞TR)1着・菊花賞3着

ジャパンカップ3着で有馬記念に。

いつも、一杯一杯のレースなので疲れが、心配だった。

※ 4番人気 トウカイテイオー
騎手 田原成貴 調教師 松元省一
(父 シンボリルドルフ 母父 ナイスダンサー)

1991年無敗の2冠馬。東京優駿(日本ダービー)後、故障をするけど、1992年春に復活。
天皇賞(春)ではメジロマックイーン
天皇賞(秋)ではレッツゴーターキーに敗れてしまう。

しかし、ジャパンカップで見事に復活。
岡部騎手(当時主戦)が珍しくゴール後、ガッツポーズしたのが話題になった。
有馬記念では騎乗停止になった、岡部騎手の替わりに田原騎手で出走するが、1番人気で惨敗。

1年後有馬記念を迎える。
1年ぶりのレースで果たしてどうなるかと思っていた。

1993年有馬記念結果

1着 トウカイテイオー 田原 2・30・9
2着 ビワハヤヒデ  岡部 2・31・0
3着 ナイスネイチャー 松永昌 2・31・6

単 940円  複 470円 140円 450円 枠 960円 馬 3290円

1992年の有馬記念を逃げ切った、
横山典騎手メジロパーマーが逃げる。

好位の岡部騎手ビワハヤヒデ。中団に河内騎手レガシーワールド、田原騎手トウカイテイオー。
4コーナー早めに柴田政騎手ウイニングチケットが進出するも脚がなく

好位から差していった、岡部騎手ビワハヤヒデを

田原騎手トウカイテイオーが差しきる。
(昔のパートナーをあざ笑うかのように)

3着のナイスネイチャーが有馬記念3年連続3着。
という珍しい記録を作る。

ナイスネイチャの有馬記念

()は勝ち馬
1991年 2番人気3着(ダイユウサク)
1992年 4番人気3着(メジロパーマー)
1993年 10番人気3着(トウカイテイオー)
1994年 11番人気5着(ナリタブライアン)
1995年 10番人気9着(マヤノトップガン)

1993年有馬記念騎手談話

※ トウカイテイオー(田原騎手)
「日本の競馬の常識をくつがえす偉業を成し遂げたテイオーを 褒めてやってください。
ボクは、ほんの手助けをしたにすぎない。彼自身が自分の手で歴史を作ったのです」

※ ビワハヤヒデ(岡部騎手)
「こちらは絶好の手応え。それなのに、それ以上の勢いで何かが外から来るので
どの馬かとみたらテイオーだった。驚いちゃったよ。ほぼ理想どおりのレースができたと思う。」

※ ナイスネイチャー(松永騎手)
「不利もなく力を出し切っちゃたが2頭は強すぎた」

トウカイテイオーのその後と感想

トウカイテイオーは、このレース後、レースに出走することなく引退した。

産駒は、トウカイポイント(マイルCS)・ヤマニンシュクル(阪神JF)

トウカイテイオーには正直驚いた。ジャパンCの勝利も驚いたが、

1年ぶりにレース出て、しかも勝つなんて。

ビワハヤヒデも完璧なレースをしただけに残念だった。(この年の年度代表馬も納得)

トウカイテイオーのベストは2000m前後だと思う。
2400m以上のレースで勝利した後は、故障しているだけに無理して走っていたのかもしれない。

スポンサードリンク