刺客ライスシャワー|菊花賞

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

刺客ライスシャワー-全成績・血統

刺客ライスシャワー 血統

ライスシャワー重賞成績

1992年 菊花賞
1993年 日経賞・天皇賞(春)
1995年 天皇賞(春)

ライスシャワー名勝負 菊花賞人気馬の評価

ミホノブルボン

父マグ二テュード×母父シャレー 
父はミルリーフ系・代表産駒は同馬(ミホノブルボン)以外では
高松宮記念G1勝ちのマサラッキーなどがいる。

ライスシャワー

父リアルシャダイ 母父マルゼンスキー
東京優駿(日本ダービー)を人気薄(16番人気)で2着した後
セントライト記念ではミホノブルボンと同厩舎のレガシーワールドの2着。
京都新聞杯ではミホノブルボンの2着。ただ、ミホノブルボンとダービーで0.7秒差あったのが
京都新聞杯では0.2差まで縮まった。

1992年菊花賞レース内容

今まで常に(3戦目朝日杯3歳S以来)逃げていた、
小島貞博騎手ミホノブルボンが松永幹夫騎手キョウエイボーガンに先手を取られた。
(前もって逃げると言っていたのだが後日、松永幹夫騎手が小島貞博騎手に謝ったと報道があった)
4コーナーで早め先頭にたった小島貞博騎手ミホノブルボンを的場均騎手ライスシャワーが差し切った。

1992年 菊花賞結果

1 ライスシャワー   3・05・0 レコード
2 ミホノブルボン   3・05・2 1・1/4
3 マチカネタンホイザ 3・05・2 頭

単 730円 複 170円 110円 220円 枠 490円 馬 490円

1992年菊花賞談話

ライスシャワー
的場 均騎手「ブルボンの3冠阻止よりもライスシャワーにひとつのクラシックをプレゼントできたことが嬉しい」

ミホノブルボン
小島 貞博騎手「キョウエイボーガンを追いかけたがって仕方なかった。でも力は出していると思う」

ライスシャワーのその後と感想

ライスシャワーは菊花賞後、2回天皇賞(春)を制するも。宝塚記念の故障発生で引退。
個人的には、ミホノブルボンに勝って貰いたかった。
しかし、勝ったライスシャワーにも素直に褒めてあげたい。

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン

“刺客ライスシャワー|菊花賞” への1件のコメント

コメントを残す