トウカイテイオー|ジャパンカップ|競馬名勝負

競馬名馬・名勝負

トウカイテイオー血統

トウカイテイオー血統

兄弟姉妹
※ トウカイオーザ(8勝)父サンデーサイレンス
01年 アルゼンチン共和国杯
※ トウカイエリート(6勝)父サンデーサイレンス
※ トウカイスパル(5勝)父ニホンピロウイナー
※ トウカイティアラ(4勝)父サンデーサイレンス

トウカイテイオー成績

トウカイテイオー成績

重賞勝利
93年 有馬記念
92年 JC(ジャパンカップ)
91年 東京優駿・皐月賞

トウカイテイオー

管理人が、浪人する前
あまり勉強していなかった駄目な時代でした。

このレースはTV(ライブ)で見ました。
今回は最近、馬の生態本を読んでいます。
競走馬の科学』(競走馬総合研究所)という本から。

馬の心臓について。
馬のラストスパートはノーブレス章から
『サラブレットの場合、運動が強くなって心拍数が200を超えると
無酸素的運動への移行が急速に進む。
その時のスピードは分速800メートルぐらいであるから、

分速1000メートル前後で 1~4分近くを走る競馬においては
競走馬はレース中を通じて酸素負債を行っていることになる。
 
この酸素負債は限界があるから レースの途中でこれを使いはたし
重要な最後の追い込みでスタミナ切れを起こさないように、

騎手はペースの配分に気を配っているのである。
騎手は、よく「馬はレースの終わりゴール前三ハロンくらい(約600メートル)は息をしないで走ってくる」』
なるほど、ラスト1ハロンの分析は重要性があることがわかる

 日本馬の活躍が顕著になり始めた1992年のジャパンカップです。
1992年から国際G1となり各国から強豪馬から参戦となった。
そんな中最高のレースをしたのはトウカイテイオーだった。

トウカイテイオーは無敗でダービーを制し。
親子3冠を目指すも故障発生。

メジロマックイーンに春天で惨敗するなど
いいところがなかった。

しかも秋初戦が、7着と『終わった』とまで言われた。
そんな中の出走。

1992年ジャパンカップをLIVE(TV観戦)をしていたのだが
競馬のレースで初めて感動した。

トウカイテイオーが『強ぇー』と思った。
岡部幸雄騎手が珍しくガッツポーズをしたのも印象的だった。

1992年 ジャパンカップ動画と結果

1着 トウカイテイオー 2・24・6
2着 ナチュラリズム 2・24・7 首
3着 ディアドクター 2・24・8 1/2

単 1000円 複 350円 230円 260円 
枠 2290円 馬 4890円

トウカイテイオー 感想

このレース、受験勉強最中に見ていたのですが、
本当に感動した。
TVを見ながら岡部・岡部と叫んだ。
あのガッツポーズは忘れない。

ジャパンカップ無料予想が注目サイト

テンケイ(TENKEI)

無料予想は前回2戦2勝だった。