朝日杯FS-岡部幸雄vs武豊

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

バブルガムフェロー-全成績・血統

バブルガムフェロー 血統

バブルガムフェロー 成績

バブルガムフェロー-名勝負 朝日杯FS

朝日杯FS は、以前と比べてクラシックへ直結ってわけでなくなってきている。
1993年の勝ち馬ナリタブライアン以降、クラシック勝ち馬がいない。
(2007年春まで)暮れのラジオたんぱ杯2歳Sの方が注目されている。

武豊騎手がTV番組で言っていたけど、
朝日杯FSの賞金を高くすれば、朝日杯FSに有力馬が出てくると思う。

ちなみに朝日杯FSの賞金は、6000万円(1着)。
G2の阪神カップが、7000万円(1着)

当時、関東は岡部幸雄。関西は武豊だった。
岡部幸雄騎手は怖いイメージがあった。

しかし、引退した岡部幸雄騎手がさんまさんと対談をしているのを見て、
なんか穏やかになったなという感じがした。
(2006年11月に)

私は岡部さんの対談を聞きに行った。
シンボリルドルフの話などをしていたけど…
本当に優しい人だなという感じだった。

1995年の朝日杯FS。

レースを見れる方は是非、見てほしいです。

3コーナーから早めに仕掛けた武豊vs落ち着いて差しきった岡部幸雄
馬の実力差がわかっていた2騎手。(推測ですが)
自分の馬が弱いから、早めに仕掛けた(しかも内にバブルガムフェローを封じ込めた)
武豊。

自分の馬が強いとわかっていたから、エイシンガイモンを先に行かせてから、
落ち着いて差しきった岡部幸雄。

本当に見ごたえがあるレースだった。
後日、某有名競馬週刊誌で有名競馬評論家が武豊騎手の騎乗を
批評したコラムが出たが,私は今でも最高な騎乗であったと思う。

(数年後、ランニングゲイルの弥生賞で3コーナー早マクリでの勝利に繋がったはず)
その後、バブルガムフェローはクラシック前に
前年のフジキセキ同様に故障でレースを回避してしまう。
しかし、秋には天皇賞を目指して見事勝利する。

G1の王道を出走するけど、結局古馬になってからG1を勝利することなく引退。
(同厩にタイキブリザードがいたために、安田記念に出走できなかったのがとても残念)

バブルガムフェロー-名勝負 1995年 朝日杯FS結果

1着 バブルガムフェロー 1・34・2
2着 エイシンガイモン 1・34・3 3/4
3着 ゼネラリスト 1・34・7 2 1/2

バブルガムフェロー-名勝負 感想

フジテレビのアナウンサーが、社台・岡部・シャドーロール、これがクラシックの合言葉と言った実況が心に残っている。

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン