グラスワンダー |2度の復活

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

グラスワンダー  血統と成績

グラスワンダー血統

グラスワンダー全成績

グラスワンダー2度の復活

グラスワンダーは、2歳時からライブで見ることが多い馬だった。
毎週土日、東京競馬場へ出陣していた、私。

2歳時からとにかくパフォーマンスが凄かった。
朝日杯FSも勝った。翌年にはエルコンドルパサーが出てきた。
2頭のマル外は、主戦騎手がともに的場均騎手だった。

NHKマイルC出走を目指している2頭だったので、
どちらかを選ばなくてはならなくなってしまった。
(当時マル外は、クラシック出走できなかった)
的場均騎手は、グラスワンダーを選んだ。

しかし、グラスワンダーはNHKマイルC前に骨折してしまった。
一方エルコンドルパサーは、NHKマイルC・ジャパンCを勝利。
翌年は凱旋門賞で2着に来るまで強くなった。

毎日王冠-グラスワンダー・エルコンドルパサー・サイレンススズカ

あの時、エルコンドルパサーを選んでいたら…と言われだした、
3歳暮れに有馬記念を勝利する。

翌年も宝塚記念を勝利して、秋初戦毎日王冠勝利する。
しかし故障で、ジャパンC出走を回避してしまう。
その故障明けがこの有馬記念だった。

人気馬の分析

この年は、3強と言われる馬達の活躍があった。
エルコンドルパサー、グラスワンダー、スペシャルウイークの3頭である。

エルコンドルパサー

3歳時NHKマイルC・ジャパンCと違う距離のG1を2勝して
翌年海外へ海外ではサンクルー大賞(G1)を勝利した後
凱旋門賞(G1)を2着した同馬。

3歳時春まで グラスワンダーの主戦、的場均騎手が乗っていたのも面白い。

グラスワンダー

2歳時とてつもないパフォーマンスを示していた同馬。
特に 朝日杯FSをレコード圧勝した後も3歳春も期待されるが故障。

3歳秋は、サイレンススズカ・エルコンドルパサーなどに 敗北して終わったと
思われたけど、有馬記念で見事復活。
4歳時は、安田記念2着後、宝塚記念では2番人気でありながら
スペシャルウィークを完全に破り勝利。

スペシャルウイーク

3歳時武豊に始めての東京優駿(日本ダービー)を勝利もたらせた同馬。
4歳時には天皇賞(春)を勝利後。宝塚記念ではグラスワンダー に致命的な差をつけられてしまう。
ラスト1ハロン13秒台。

秋初戦京都大章典では、まさか7着惨敗。
終わったと思われたが天皇賞(秋)・ジャパンCと見事勝利。

1999年 有馬記念結果

直線凄い戦いだった。まずツルマルツヨシが先頭に立った後、翌年の飛躍が期待された
テイエムオペラオーが負け時と一気に先頭に立つ。
それを見ていた、的場均グラスワンダーと 武豊スペシャルウィークが一気にテイエムオペラオーを差しきる。

宝塚記念ではスペシャルウィークを差したグラスワンダーだったけど。
今度は、グラスワンダーをスペシャルウィークが差しきる展開に。
ゴール後手が上がったのは武豊だったけど。 勝利したのは的場均だった。

1999年-有馬記念

1 グラスワンダー 2・37・2
2 スペシャルウィーク 2・37・2 鼻
3 テイエムオペラオー 2・37・2 首

単 280円  
複 140円 140円 260円
枠 450円 馬 470円

騎手談話

グラスワンダー

的場均騎手『ゴールした瞬間はやられたと思ったが。 スペシャルが内枠に入ったので
宝塚記念とは逆にマーク されるのは予想通り。ツルマルがあまりに手ごたえが
いいので早めに仕掛けていったがよく凌いでくれた。』

スペシャルウィーク

武豊騎手『ゴール前では頭出たとおもったが首の上げ下げで負けてしまった悔しい』

感想

グラスワンダーの単勝を買っていたので熱かった。
ただ、相手大本線がナリタトップロードだったので…
あまり稼ぐことができなかった。(涙)

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン