ヤマニンパラダイス|阪神JF|勝負

ヤマニンパラダイス-血統


ヤマニンパラダイス-成績

ヤマニンパラダイス 1994年阪神3歳牝馬特別

牡馬はフジキセキが圧倒的な強さを示した1994年の2歳戦。
牝馬ではヤマニンパラダイスが強さを示した。ヤマニンパラダイス帰国子女って感じだった。

衝撃的だったのは2戦目のいちょうS。天皇賞(秋)当日だったこのレース。

何故か、クラシック候補生などと新聞に書かれていた←当時、外国馬クラシックに出走できないのに。

それで問題の1994年阪神JF。(当時の阪神3歳牝馬S)
この時、郵便局でアルバイトをしていた。(深夜10時~6時まで)
牝馬は、いちょうSを圧勝したヤマニンパラダイスが中心格。相手を探すということ。

相手を考えると芝1600mで実績を出せる可能性のある馬
言葉を代えると芝1600mになって成績をあげそうな馬。それで選んだのがスターライトマリー

芝1000mの新馬戦が2着
芝1200mの新馬戦が1着
芝1600mの500万特別が1着
芝1600mに向く可能性があると思った

また、ミホノブルボンから大好きになった小島貞博騎手。ヤマニンパラダイス⇔スターライトマリー の1点で勝負
前の日徹夜でアルバイト後、日の出町のWINSで勝負
帰りの横浜線でウキウキだった。
結果も1着・2着で決まり。たまにはこんなこともあって良い。

ヤマニンパラダイス-名勝負 感想

翌週の朝日杯FS。フジキセキの圧勝だった。
結局、ヤマニンパラダイスは阪神JF後故障してしまう。その後はOP特別を1勝するだけで繁殖。

産駒はヤマニンセラフィムがいる(京成杯)

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン