ジャングルポケット|ジャパンカップ|競馬名勝負

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

ジャングルポケット-全成績・血統

ジャングルポケット 血統

ジャングルポケット 成績


ジャングルポケット 2001年ジャパンカップレース前

2001年から東京優駿(日本ダービー)に外国産馬が出走できるようになった。
その主役だったのがクロフネ。
今では松田国厩舎王道のローテーション
(NHKマイルC→東京優駿(日本ダービー)を初めて組まれた馬。
毎日杯→NHKマイルCを圧勝した同馬ですが
東京優駿(日本ダービー)では日本代表ではないがジャングルポケットに負けて5着になってしまう。

その後、天皇賞(秋)を目指すも外国産馬枠(2頭)をメイショウドトウ・アグネスデジタルと争う。
賞金からメイショウドトウは確定。残り1枠をアグネスデジタルと争う
クロフネは神戸新聞杯の3着敗北で賞金の上乗せなし。
アグネスデジタルは南部杯の勝利。天皇賞(秋)の外国産馬枠をアグネスデジタルに奪われてしまう。

仕方なく出走した武蔵野S(ダート)で圧勝。
ダート適性を開花しジャパンカップダートも圧勝。

古馬では、前年無敗の最強馬だったテイエムオペラオー
しかし、この年はその強さに陰りが見え始める。
成績だけ見ると、
産経大阪杯4着→天皇賞(春)1着→宝塚記念2着→京都大章典1着(ステイゴールド降着)→天皇賞(秋)2着
とまずまずなのだが前年の無敗に比べるとちょっとパフォーマンスが落ちてきている感じ。

ダービー馬になったジャングルポケット。皐月賞まで無敗だった
アグネスタキオンの引退でダービー馬となれた感が強かった。
その後札幌記念3着→菊花賞4着でこのレースを迎える。

ジャングルポケット 外国人騎手の短期免許

外国の競馬に所属している騎手が競走馬や招待に関係なく来日して騎乗する場合
JRA(日本中央競馬会)とNAR(地方競馬)は、通常の騎手免許とは別に臨時に試験を行い
試験に合格したものに短期免許を1ヶ月単位で1年間にそれぞれ最大3ヶ月交付する。
中央競馬では同時期に5人までの騎手に発行している。
競馬の国際化の影響で始まった制度だけど、1994年にスタートして第1号となったのは
ニュージーランドの女性騎手リサ・クロップだった。

基本的に日本競馬は、レース賞金が高いため、外国人騎手は騎乗したがる。
(売り上げも3兆円以上あるのは珍しい)
オリビエ・ペリエ(フランス)・ミルコ・デムーロ(イタリア)など自国でもトップを張っている
一流騎手も来日して騎乗するようになった。

オリビエ・ペリエは有馬記念3連覇などG1、12勝
ミルコ・デムーロは東京優駿(日本ダービー)などG1、3勝

ダービー馬のジャパンカップ結果

04年 キングカメハメハ  未出走
03年 ネオユニバース   4着(3歳時)
02年 タニノギムレット  未出走
01年 ジャングルポケット 1着(3歳時)
00年 アグネスフライト  13着(3歳時)
99年 アドマイヤベガ   未出走
98年 スペシャルウィーク 3着(3歳時)
97年 サニーブライアン  未出走
96年 フサイチコンコルド 未出走
95年 タヤスツヨシ    未出走
94年 ナリタブライアン  未出走
93年 ウイニングチケット 3着

同じコースなのに(東京芝2400m)思ったより、良い成績を上げていない感じがする。
長距離後(菊花賞)なので仕方ないかもしれない。

2001年 ジャパンカップ結果


1 ジャングルポケット ぺリエ 2分23秒8
2 テイエムオペラオー 和田  2分23秒8
3 ナリタトップロード 渡辺  2分24秒4

単 420円 複 160円 130円 340円 馬 740円

ジャングルポケットと感想

このジャパンカップ後、勝利することが無かった。ジャングルポケット。
産駒は、フサイチホウオーなど続々と名馬が生れる可能性を秘めている。
私競馬ウマ的大勝負だった。
ジャングルポケットの単勝を結構買っていたのでゴール前は熱かった。

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン