メジロブライト|(競馬名勝負)競馬ウマ

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

メジロブライトー概要

メジロブライト血統

メジロブライト全成績

メジロブライトは追い込みが凄い大好きな馬だった。
共同通信杯時は、初めてパドックで観戦した。

祖父アンバーシャダイの影響か?多少入れ込んでいた。
逆にその状態が良いとある解説者が言っていた。

そんなメジロブライトですが結構偉大な記録を残した。

(1990年以降)
2005年 ディープインパクト (3冠馬)
2003年 ネオユニヴァース (2冠馬)
2002年 タニノギムレット (ダービー馬)
1998年 スペシャルウィーク (ダービー馬)
1997年 メジロブライト
1994年 ナリタブライアン (3冠馬)
1993年 ウイニングチケット (ダービー馬)
1992年 ミホノブルボン (2冠馬)
1991年 トウカイテイオー (2冠馬)

メジロブライトだけクラシックを勝利することがなかったのですが…

さてその記録は何でしょうか?
分かる方は相当凄いと思います。(ちょっと引っ張ります)

問題の答えは皐月賞・ダービー両方とも1番人気だった馬。
メジロブライトだけクラシックを制覇できていない。
(1990年より前ならマティリアルなどもいる)

菊花賞は残念ながら2番人気。(1番人気はシルクジャスティス)

ちなみにこの年皐月賞・ダービーを制覇したのはサニーブライアンだった。
(両レースともライブで観戦しています)

メジロブライトはステイヤーズS時に、松永幹夫騎手から河内洋騎手に乗り替わる。
(阪神競馬場でWSJSに松永幹夫騎手が騎乗するため)

天皇賞(春)で初G1勝利。

1999年の日経新春杯はハンデが59.5kg
ビデオを見ましたが、エモシオンをねじ伏せたのはさすがだった。

産駒は、2007年のステイヤーズSを7番人気で勝利した(親子制覇)
マキハタサイボーグなどがいる。

感想

サニーブライアンの大西直宏騎手の「1番人気はいらない、1着がほしい」
っていう名言が印象に残っています。
ちなみにメジロブライトを3冠レースすべて本命にしてしまったのは私です。
3連単・3連複があれば馬券は的中できたかも。

無料予想が注目サイト

【無料予想サイト】ギャロップジャパン