笠松が産んだ名馬(オグリローマン)

オグリローマン名牝。
1994年の桜花賞を勝利しました。

オグリローマン-全成績・血統

オグリローマン-全成績

オグリローマン全成績

重賞勝利
94年 桜花賞

オグリローマン-血統

オグリローマン血統

兄弟姉妹
オグリキャップ(22勝)父ダンシングキャップ
オグリシャダイ(8勝)父リアルシャダイ
オグリトウショウ(7勝)父トウショウボーイ

オグリローマン

1994年のクラシック牝馬は1頭のマル外は主役を背負っていた。

ヒシアマゾン
(牡馬は3冠馬ナリタブライアン)

ヒシアマゾンは、阪神JFを制覇した後、年明け
初戦の京成杯でビコーペガサスに先着を許すが、有馬記念で
ナリタブライアンの2着になるまで6連勝を飾った。

当時、外国馬がクラシック出走できなかったので桜花賞・優駿牝馬(オークス)は混戦と思っていた。

一応主役になるのは、阪神JFが2着だったローブモンタント
年明けのエルフィンSを勝利して1番人気で桜花賞を迎える。

90年に引退したオグリキャップ。
その妹が地方から中央へやってきた。

当時は地方所属のまま中央のレースに出走することが難しく
中央に移籍という形が多くとられていた。

中央初戦がローブモンタントが勝利したエルフィンS。
兄(オグリキャップ)の影響もあって、1番人気で出走するも9着惨敗。

次走桜花賞出走のラストチャンスとして出走したチューリップ賞。
ライバル馬、ローブモンタントの主戦騎手
田原成貴騎手が2着に入線してtext type=marker color=orange]桜花賞の出走権利を得る[/text]。

主戦、武豊騎手はこの年に結婚することが決まっていた

オグリローマン 1994年桜花賞

1着 オグリローマン
2着 ツィンクルブライド
3着 ローブモンタント

1枠という窮屈な枠から知らない間に外に出していた武豊騎手。
スタートのうまさと外へ出すタイミングが抜群だった。

さすがとしか言いようがない。

2着のツインクルブライトは、内で窮屈になる場面があったのが残念だったけど、
人気薄を考えると好走していると思う。

人気のローブモンタントも3着でしたが
スムーズなレースはしていたと思う。

2着はツィンクルブライド(武豊の結婚が連れてきたと言われていた)

無料予想が注目サイト