「ライスシャワー」VS「ミホノブルボン」

競馬名馬・名勝負
競馬名勝負

ライスシャワー-全成績

ライスシャワー全成績

「ライスシャワー重賞勝利」
※ 95年 天皇賞春
※ 93年 天皇賞春・日経賞
※ 92年 菊花賞

ライスシャワー-血統

ライスシャワー血統

「ライスシャワー兄弟姉妹」
※ ライラックスマイル(4勝)父トニービン

スポンサードリンク



1993年 天皇賞(春) このレースを迎える前

1993年クラシックはBWNの3強時代
皐月賞 ナリタタイシン(N)
ダービー ウイニングチケット(W)
菊花賞 ビワハヤヒデ(B)

古馬は
メジロマックイーンは大阪杯(芝2000m)を勝利。
ライスシャワーは日経賞(芝2500m)を勝利。
メジロパーマーは阪神大賞典(芝3000m)を勝利。

ライスシャワー

不慮の事故で1996年の宝塚記念で安楽死してしまうけど。
G1・3勝はいろいろな記録を阻止してきた。

ライスシャワー刺客

1勝目、菊花賞はミホノブルボンの3冠阻止
2勝目、天皇賞(春)はメジロマックイーンの天皇賞(春)3連覇阻止
3勝目、天皇賞(春)はG1勝利では武豊騎手の7年連続連対記録阻止

メジロマックイーン

1992年の天皇賞(春)勝利後、京都大賞典を目指していたけど、骨折で離脱。
年明け産経大阪杯を勝利。天皇賞春を勝てば、3連覇になっていた。

1993年天皇賞春

1着 ライスシャワー
2着 メジロマックイーン
3着 メジロパーマ

日経賞を勝利して今回の天皇賞。
馬体重をー14kg絞って、渾身の仕上げ。

的場騎手もミホノブルボンの3冠を阻止した
菊花賞よりもこの天皇賞春のほうが嬉しいと談話。

的場のマークは武豊のG1勝利を阻止するっていう図式がこの時作られる。
グラスワンダーの有馬記念・宝塚記念など。